出産祝いには名入れタオルを

名入れタオルの選び方

出産祝いに困ったら名入れタオルがおすすめ

親戚や友人に子供が誕生したときに、何を贈れば喜ばれるのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
そんなときには、出産祝いとして名入れタオルをプレゼントしてみると喜んでもらえるかもしれません。

実用品が喜ばれる

出産祝いとして名入れタオルをもらうと嬉しい理由として、タオルのような毎日使用する実用的な物は、何枚持っていても困ることがないことがあげられます。赤ちゃんの汗を拭くとき、こぼしてしまったミルクを拭くときなど、いろいろな場面でタオルが必要です。また、ちょっと肌寒いときに毛布代わりにタオルをかけてあげたり、丸めたタオルをクッション代わりに使用したりと、アイデア次第で使い方は無限大とも言えます。
タオルは、何度も洗濯しているうちに、表面の繊維が抜けていくので、ゴワゴワして肌触りが悪くなります。1年から2年で寿命を迎えるのが通常なので、まとめて何十枚も名入れタオルを作ってプレゼントしてあげると、この先数年間はタオルを買う必要がなくなります。

肌に優しい天然素材100パーセントの素材を選ぼう

出産祝いとして名入れタオルをプレゼントするときは、天然素材100パーセント素材のものを選ぶとよいでしょう。タオルのほとんどは綿100パーセントですが、なかには速乾性を良くするために数パーセント化繊を混ぜているものもあります。大人に比べて赤ちゃんの肌は繊細で、まだ抵抗力も弱いので、天然素材のタオルにしたほうがなにかと安心。最近は、赤ちゃんに身に着けさせる肌着などの素材にこだわるお母さんが多いため、化繊が混じっているということでせっかくプレゼントしたタオルを使ってもらえなかったら最悪です。
出産祝い用のタオルを探しているとお店の人に伝えて、どのタオルが向いているかのアドバイスをもらうのも良いアイデアです。

名前は間違わないように確認

お店で出産祝いの名入れタオルをオーダーするときは、タオルに刺繍したり、プリントしたりする赤ちゃんの名前を間違ってしまわないように細心の注意を払いましょう。漢字を間違ってしまったり、読み方を間違ってしまうこともたまに起きています。特に、最近の赤ちゃんの名前は昔と違って、難しい読み方をしたり、変わった漢字が使われていたりするので、以前よりも名前を間違うリスクが高まっています。お店に出かける前に、名前を書いたメモを持参するなどの対策が有効です。
名入れタオルの文字の色は、男の子の場合は黒や青、女の子の場合は赤やピンクが人気です。もちろん、黄色やオレンジなど他の色も選べることが多いので、どの色にするか考えておきましょう。